くらし情報『3分動画でマスター!崩れにくい帯「文庫結び」をセルフ結び』

2018年7月21日 08:00

3分動画でマスター!崩れにくい帯「文庫結び」をセルフ結び


日本女子たるもの、夏は艶やかに浴衣を着こなしたい。そこで、ひとりで完成するセルフ着付けのHOW TOを3分間でみっちりレクチャー。今回は、帯編。浴衣帯結びの基本形と言われる「文庫結び」の簡単な結い方をご紹介。それでは、永久保存版の着付け動画をチェック!

“細かすぎる”帯結びの解説をスタート!
POINT1:帯を肩にあずける
3分動画でマスター!崩れにくい帯「文庫結び」をセルフ結び

肩にあずける短い方の帯を「テ先」といいます。テ先を半分に折ったら、50cmほどの長さをとります。折り目の山が内側になるように、肩に預けます。

▶︎詳しくは動画0:11〜Check!

POINT2:タレをギュッと引いて崩れ防止に
3分動画でマスター!崩れにくい帯「文庫結び」をセルフ結び

胴に巻く長い方の帯「タレ」を、胴に2回巻きます。

3分動画でマスター!崩れにくい帯「文庫結び」をセルフ結び

1回目に巻くときに、ギュッと帯を締めることで崩れにくくなるので、しっかり行いましょう。

▶︎詳しくは動画0:24〜Check!

POINT3:帯の上線の位置でテとタレを結ぶ
3分動画でマスター!崩れにくい帯「文庫結び」をセルフ結び

2回巻いたタレの脇からを斜めに折り上げ、テとタレを平行に引き合って締めます。テをタレの上から下へくぐらせ、帯の上線の位置でしっかりとひと結び。

▶︎詳しくは動画0:52〜Check!

POINT4:帯の“羽根”を肩幅を目安に作る
3分動画でマスター!崩れにくい帯「文庫結び」をセルフ結び

タレ先を肩幅くらい取り、内側にくるくる折りたたみ、羽根を作ります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.