くらし情報『出産したい!でも相手がいない。妊娠の可能性を維持するために今、できること』

2018年8月30日 17:00

出産したい!でも相手がいない。妊娠の可能性を維持するために今、できること

出産したい!でも相手がいない。妊娠の可能性を維持するために今、できること

産科婦人科学会専門医の丸田佳奈先生に話を伺う連載企画。妊活を始めるべき年齢、不妊治療に要する時間や金額を取り上げた第一弾に続き、今回は妊娠の可能性をできる限り維持するために知っておきたい知識をご紹介。

いずれ妊娠&出産はしたいけれど、今じゃない。キャリアや財産、パートナーの有無、など、女性が妊娠を先延ばしにする理由は様々。“出産したいなら早いほうがいい”とはわかっていても、手放しに選択できないからこそ悩んでしまうもの。日常生活で不妊症のリスクを回避しつつ、妊娠できる体をキープするためにはどうすれば良いのか?

体調の変化としっかり向き合うことが必要不可欠!
出産したい!でも相手がいない。妊娠の可能性を維持するために今、できること

「第一弾でも軽く触れた通り、男女ともに加齢により妊娠しにくくなることは明らか。それ以外の女性側の因子では、無排卵や子宮内膜症、骨盤腹膜炎の既往などでも妊娠しにくくなることがわかっています。しかし、検査をしても明らかな不妊の原因がないけれど妊娠しにくいというケースが意外と多いのも事実です。こういった原因不明の不妊を含め、不妊症を確実に防ぐことは不可能です。ですから、せめて自分の体の健康状態を保ち、新たなリスクを防ぐことは大切になります。」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.