くらし情報『ハリウッドで撮影再開、週3回の検査実施し食事は真空パックで徹底コロナ対策』

2020年8月18日 15:53

ハリウッドで撮影再開、週3回の検査実施し食事は真空パックで徹底コロナ対策

ハリウッドで撮影再開、週3回の検査実施し食事は真空パックで徹底コロナ対策


夏になっても依然収まることなく続くコロナ禍だが、中断していたハリウッド大作の撮影は徐々に再開を始めている。ハリウッドにある撮影スタジオは今も閉鎖中のため、再始動は海外ロケや国外スタジオでの撮影から始まっている。

アントニオ・バンデラスもコロナ罹患。マスク着用で予防に気をつけるも…

『ジュラシック・ワールド』シリーズ最新作『Jurassic World: Dominion(原題)』の撮影はイギリスのパインウッド・スタジオで再開したが、新型コロナウイルス(COVID–19)予防対策として関係者1万8000名の検査を実施、現場用に107ページもの安全対策マニュアルが用意されている。キャストは週3回検査を受け、関係者全員の検温、俳優は音声マイクを、衣装スタッフの助けを借りつつ自分で付け、スタッフはマスクとフェイスシールドを着用、食事は真空パックされたものをビニールシート越しに手渡される、といった具合だ。スタジオ内に手指消毒を行う場所が150カ所ほど設置され、撮影時のスタッフの数も必要最小限に抑えられている。

7月の撮影再開後、スタッフ4人が検査で陽性となり、2週間の隔離生活後の検査で3回陰性の結果が出た2人は現場に復帰している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.