くらし情報『オスカー常連監督の性的暴行を告発。15歳少女を置き去りにしたとも』

2020年8月22日 06:07

オスカー常連監督の性的暴行を告発。15歳少女を置き去りにしたとも

オスカー常連監督の性的暴行を告発。15歳少女を置き去りにしたとも


アレクサンダー・ペイン監督の性的暴行を告発したローズ・マッゴーワンのツイート

2017年、映画プロデューサーだったハーヴェイ・ワインスタインの性暴力を実名で告発した女優のローズ・マッゴーワンが、未成年の時に『ダウンサイズ』などで知られるアレクサンダー・ペイン監督に性的暴行を受けたと告発した。

性的虐待で窮地に立たされる2大巨匠、キャリア存続の危機

マッゴーワンはツイッターに以下の文を投稿した。

「アレクサンダー・ペイン。あなたは私を座らせ、あなたが別名で監督したショウタイム(TV局)のソフトコア・ポルノを見せた。シルバーレイクにあったあなたのアパートを今でも覚えている。あなたはとても“巧み”だった。あなたは事後に私を街角に置いていった。私は15歳だった」

「私は、認めて謝罪をしてほしいだけ。破壊したいわけではない。これは私が15歳のとき」と当時のスナップ写真も投稿した。

I just want an acknowledgement and an apology. I do not want to destroy. This was me at 15. pic.twitter.com/XeNpsrpY4s

— Rose McGowan (@rosemcgowan)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.