くらし情報『『麒麟がくる』再始動に反響 ツイッタートレンド1位「オープニングで胸がいっぱい」「本当に嬉しい」』

2020年8月31日 11:25

『麒麟がくる』再始動に反響 ツイッタートレンド1位「オープニングで胸がいっぱい」「本当に嬉しい」

『麒麟がくる』再始動に反響 ツイッタートレンド1位「オープニングで胸がいっぱい」「本当に嬉しい」


『麒麟がくる』主演の長谷川博己

NHKの大河ドラマ『麒麟がくる』が、8月30日夜に放送された。およそ3ヵ月ぶりの放送再開を受け、ツイッターでトレンド1位に躍り出る反響を見せた。

朝ドラ『エール』“救世主・柴咲コウ”が話題「美の権化」「歌うますぎ」

本作は、本能寺の変で織田信長(染谷将太)に謀反を起こした明智光秀(長谷川博己)をフィーチャーした時代劇。王が仁のある政治を行う時に必ず現れるという聖なる獣「麒麟」を追い求める光秀の生涯を描く。

30日に放送された第22回「京よりの使者」の舞台は、第21回(6月7日放送)で展開された桶狭間の戦いから4年後。信長が今川義元(片岡愛之助)を討ち果たし、京では三好長慶(山路和弘)が権力を掌握。将軍・足利義輝(向井理)は完全な傀儡(かいらい)に成り下がっていた。すっかりやる気を失い、別人のようになった義輝の話し相手として、細川藤孝(眞島秀和)らの画策で京に呼ばれた光秀は、将軍の力を取り戻すため、いま勢いに乗る信長を上洛(じょうらく)させてみせると約束する…というストーリーが繰り広げられた。

新型コロナウイルスの影響で、放送を一時休止していた本作。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.