くらし情報『1枚20円 ディズニーの有料袋が物議「ちょっと悲しい」「ディズニーで買える最も安いお土産」』

2020年9月8日 11:37

1枚20円 ディズニーの有料袋が物議「ちょっと悲しい」「ディズニーで買える最も安いお土産」

1枚20円 ディズニーの有料袋が物議「ちょっと悲しい」「ディズニーで買える最も安いお土産」


10月1日から展開されるディズニーの有料買い物袋
画像は東京ディズニーリゾート公式サイトより

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドが9月7日、同リゾート内の買い物袋を10月1日より有料化すると発表した。ネット上では「ちょっと悲しい」「無料でつけてほしい」と物議をかもしている。

真実への強い思い貫く! ネット配信スタートの実写版『ムーラン』はアニメ版との違いは?

同社はこれまで、東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーの商品店舗で買い物袋を無料提供していた。有料化される買い物袋はヨコ290ミリ・タテ460ミリ、ヨコ530ミリ・タテ570ミリ・マチ90ミリの2種類。価格はいずれも税込み20円。従来品同様、バイオマス素材を40%配合した環境に優しい素材を用いているという。

買い物袋の有料化は、7月1日から政府などが始めた取り組み。プラスチック製の買い物袋を扱う小売業を営む全事業者が対象になる。しかし経済産業省の公式サイトでは「バイオマス素材の配合率が25%以上のもの」は「植物由来がCO2総量を変えない素材であり、地球温暖化対策に寄与する」として、有料化の対象外。バイオマス素材を40%以上配合する東京ディズニーランドの買い物袋も有料化の対象外になるはずだが…。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.