くらし情報『BL好きのバイブルをジャニーズ出演で実写化した『窮鼠はチーズの夢を見る』』

2020年9月12日 11:17

BL好きのバイブルをジャニーズ出演で実写化した『窮鼠はチーズの夢を見る』

は古川雄輝と竜星涼の共演で実写映画化されて公開中だが、『窮鼠~』の実写映画化決定の発表の方が先だった。それもジャニーズで映画化されるとは! BL系作品が注目されて読者も増やしてきているが、ここまでメジャーになるとはビックリしてしまう。世間の片隅で好きな人たちがこっそり楽しんできたものがいきなり明るみに引っ張り出されたような居心地の悪さまで感じてしまうほどだ。

関ジャニ∞の大倉忠義が演じるのは平凡なサラリーマンの大伴恭一だ。受け身的な恋愛を繰り返し、今はかわいい妻とまずまず平穏に暮らしている。彼の前に現れるのは成田凌が演じる大学時代の後輩・今ヶ瀬渉。探偵をしている今ヶ瀬は恭一の不倫の情報を握り、黙っている代わりに恭一の体を要求してくる。 戸惑いつつも優柔不断で流されやすい恭一は今ヶ瀬をきっぱりと拒否するわけでもなく、ズルズルと関係を持ってしまう。要は恭一と今ヶ瀬の再会で火がついた恋愛に、女性も絡んできてドロドロとした展開を見せるラブストーリーだ。
原作コミックは「窮鼠はチーズの夢を見る」と続編の「俎上の鯉は二度跳ねる」と2巻まであり、今回の映画版で続編も含めて映画化されている。2巻にもわたって描かれるのは大きな事件が起こるわけでもなく、好きだの好きじゃないだのうだうだとやり続ける恭一と今ヶ瀬の恋愛物語。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.