くらし情報『【鯉八の映画でもみるか。】人生を諦めるには早すぎる! 王道ど真ん中の青春映画に涙が溢れ…。』

2020年9月14日 15:11

【鯉八の映画でもみるか。】人生を諦めるには早すぎる! 王道ど真ん中の青春映画に涙が溢れ…。

【鯉八の映画でもみるか。】人生を諦めるには早すぎる! 王道ど真ん中の青春映画に涙が溢れ…。


【ムビコレ・コラム】落語家・瀧川鯉八の映画でもみるか。
(毎月15日に連載中)

【落語家・瀧川鯉八の映画でもみるか。/第14回】
『アルプススタンドのはしの方』という映画を鑑賞した。
これが青春映画の大傑作でした。
金字塔といってもいいかもしれない。

・鑑賞後、余韻に浸りながら長蛇の列に並んで購入

舞台は甲子園の1回戦。
この映画は野球のシーンはひとつもでてこない。
グラウンドのシーンがひとつもない。
高校野球、夏の甲子園、感動できる要素はたくさんあるのにひとつもでてこない。
あくまでアルプススタンド中心。
挑戦的で意欲的で画期的なアイデア。
けれど変化球映画ではなく、ど真ん中ストレートな後味。
青春ど真ん中の映画って作るのすんごい大変だと思うんです。
わかる人にだけわかればいいみたいなものの何倍も難しいはず。
なんといっても原作が素晴しい。

パンフレットに書いてあったんだけど、これは元々高校の演劇の先生が書いたものなんだそう。
映画にも演劇部が登場してリンクさせてるんだけど、全国大会までこの作品で勝ち上がったそう。
そりゃそうだ。
こんなに圧倒的な面白さを、地方大会ではじめてぶつけたときの観客の驚きは想像に難くない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.