くらし情報『三浦春馬の最後の出演ドラマスタート キュートすぎる演技に視聴者「笑顔見ると切なくなる」「泣ける」』

2020年9月15日 23:11

三浦春馬の最後の出演ドラマスタート キュートすぎる演技に視聴者「笑顔見ると切なくなる」「泣ける」

三浦春馬の最後の出演ドラマスタート キュートすぎる演技に視聴者「笑顔見ると切なくなる」「泣ける」


ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』ビジュアル
画像は番組公式サイトより

女優・松岡茉優と7月18日に死去した俳優・三浦春馬が共演したドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)の第1話(15分拡大SP)が、9月15日夜に放送された。SNS上では、視聴者から三浦を悼む声が相次いだ。

三浦春馬の新曲MV「Night Diver」760万回再生突破 ファンから「素敵な作品ありがとう」

同作は、松岡がTBSの連続ドラマで初主演をつとめ、『凪のお暇』(TBS系)の脚本家・大島里美によるオリジナルラブコメディー。中堅おもちゃメーカーの経理部で働く主人公・九鬼玲子(松岡)は、過去のある出来事が原因で、「清貧」という価値観で生きるアラサー女子。そんな折、めったにものを買わない玲子が買い物をする「お迎えの日」がやってきた。1年越しの片思いの相手「1680円の豆皿」をようやく買いに行くことにしたが、会社の御曹司・猿渡慶太(三浦)に先を越されてしまう。そんな折、慶太は浪費癖で社長の父・猿渡富彦(草刈正雄)を怒らせ、お金の勉強のために経理部へ異動させられる。そこで2人は再会し、玲子は慶太の指導係に任命される…というストーリー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.