くらし情報『キューブリック『フルメタルジャケット』4Kブルーレイが幻の日本語吹き替えで登場』

2020年9月18日 12:48

キューブリック『フルメタルジャケット』4Kブルーレイが幻の日本語吹き替えで登場

キューブリック『フルメタルジャケット』4Kブルーレイが幻の日本語吹き替えで登場


スタンリー・キューブリック監督の戦争映画『フルメタルジャケット』が12月2日に4K UHDブルーレイディスクで発売になる。同監督作品のUHDブルーレイとしては、既に発売され高画質で人気の『2001年宇宙の旅』『シャイニング』に次ぐ第3弾だ。

・伝説の写真家バート・スターンの監督映画が4Kで! DVDでも入手困難な『真夏の夜のジャズ』を劇場で体感しよう

もっとも、日本語字幕を収録したUHDブルーレイ北米盤が9月22日リリースされる予定で(US Amazonで$24.99)、かつこれら3作品を収録した『Kubrick 3-Film Collection』(US Amazonで$69.9)も同時発売されることになっている。

これに対してここで紹介する日本盤は、幻の日本語吹替音声を収録した限定生産バージョンである。

“幻”と言われるゆえんは、劇場公開時およびその後の地上波でもお蔵入りとなり、ようやく2017年のブルーレイ化で日の目を見たバージョンだから。この『フルメタルジャケット』はベトナム戦争をモチーフにしており、後半は少女の狙撃手が印象的な市街戦で、前半は鬼教官による熾烈な特訓の連続だが、そこでの罵声が放送コードに引っかかるものだった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.