くらし情報『タランティーノ監督のセンスが光る「Baby Love」など映画を彩るモータウンの名曲たち』

2020年9月18日 19:09

タランティーノ監督のセンスが光る「Baby Love」など映画を彩るモータウンの名曲たち

タランティーノ監督のセンスが光る「Baby Love」など映画を彩るモータウンの名曲たち


『メイキング・オブ・モータウン』
2020年9月18日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開
(C)2019 Motown Film Limited. All Rights Reserved

【映画を聴く】『メイキング・オブ・モータウン』前編

1959年の設立以降、No.1ヒットを次々に量産し、アメリカでのポピュラー音楽、黒人音楽の発展に大きく貢献した音楽レーベル、モータウン。創立60周年を記念して公開されたドキュメンタリー『メイキング・オブ・モータウン』の内容やレーベル設立までの経緯についてはこちらをご覧いただくとして、ここでは「映画の中のモータウン」として、レーベルを語る際に欠かせない10曲と、それらが印象的に使われた映画をご紹介したい。

・少年時代のスティーヴィー・ワンダーやジャクソン5も! 映画で知るモータウンの黄金期/【映画を聴く】『メイキング・オブ・モータウン』後編

1・Money(That’s What I Want)/バレット・ストロング(1959年)
1959年、29歳でモータウンの原点となるタムラ・レコードを設立したベリー・ゴーディ。第1弾リリースのマーヴ・ジョンソン「Come to Me」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.