くらし情報『世界規模で『ムーラン』ボイコット拡散。香港の民主活動家・周庭も呼びかけ』

2020年9月21日 11:07

世界規模で『ムーラン』ボイコット拡散。香港の民主活動家・周庭も呼びかけ

世界規模で『ムーラン』ボイコット拡散。香港の民主活動家・周庭も呼びかけ


周庭氏のツイッターより

「観ないでください」

ウイグル自治区での一部撮影が世界的に問題視されるディズニー映画『ムーラン』について、香港の民主活動家・周庭(アグネス・チョウ)氏が17日、ツイッターやYouTubeでそう呼びかけた。

ディズニー『ムーラン』に「深い悲しみと抗議」ウイグル協会が公式声明

周庭氏は香港の民主活動家で、昨年には逃亡犯条例改正に反対する抗議活動にも参加。しかし、香港国内で国家安全維持法が可決されたことを受けて今年8月10日、同法違反の容疑で香港警察に一時逮捕されたことも(翌11日、保釈)。

周庭は今回、堪能な日本語を使って「ディズニー映画『ムーラン』が公開されましたが、世界中で多くの人がボイコットしています。皆さんも、観ないでください」とツイート。その理由としてウイグル自治区における強制収容所問題、香港警察を支持する主演女優リウ・イーフェイを挙げた。

翌18日、周庭氏は再び『ムーラン』に言及。「昨日の『ムーランを観ないでください』はちょっと強すぎたかもしれませんが、中国の厳しい人権状況の下、映画館に入る前にもうちょっと考えていただけたらと思います。 『作品に罪はない』のコメントをいただきました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.