くらし情報『ナタリー・ポートマンら、RBGの死悼む声明次々「国にとって大きな喪失、打ちのめされています」』

2020年9月21日 13:38

ナタリー・ポートマンら、RBGの死悼む声明次々「国にとって大きな喪失、打ちのめされています」

ナタリー・ポートマンら、RBGの死悼む声明次々「国にとって大きな喪失、打ちのめされています」


ナタリー・ポートマンがインスタグラムに投稿した追悼メッセージ

アメリカ合衆国の最高裁判事で、RBGの愛称で親しまれたルース・ベイダー・ギンズバーグが18日(現地時間)が亡くなったことが米連邦最高裁より発表された。享年87。2009年から闘病を続けていた膵臓がんによる合併症によるもので、ワシントンの自宅で家族に看取られて息を引き取ったという。

1993年にアメリカで史上2人目の女性として最高裁判事となり、27年間在任。生涯現役を全うしたギンズバーグ判事の逝去は、11月に大統領選を控えたアメリカ全土に衝撃を与えた。

コロンビア大学ロースクール出身で、弁護士からのちに裁判官として女性やマイノリティの権利のために戦い続けた法律家として、リベラル派から支持を得たギンズバーグは名前の頭文字を取った「RBG」の愛称で人気を博し、ポップカルチャーのアイコンにもなり、ドキュメンタリー『RBG最強の85才』は第91回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞候補になり、フェリシティ・ジョーンズが主演する伝記映画『ビリーブ未来への大逆転』も公開された。

近年はがんの再発や転倒事故による負傷など、健康面に不安を抱えながらも職務は遂行し、「全力で仕事ができる間は最高裁の判事を続ける」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.