くらし情報『劇場公開が遅れたウディ・アレンの新作が早くもブルーレイで登場』

2020年9月25日 12:45

劇場公開が遅れたウディ・アレンの新作が早くもブルーレイで登場

劇場公開が遅れたウディ・アレンの新作が早くもブルーレイで登場


ロマンチック・コメディの旗手ウディ・アレン監督最新作『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』が12月2日ブルーレイで発売される。コロナの影響で当初4月だった公開が7月に延期されたこともあり随分早く感じるが、劇場にまだ足を運ぶのがはばかられるファンには嬉しい。

・【鯉八の映画でもみるか。】通りがかりの映画館で待望のウディ・アレンを! 気分はすっかり「雨に唄えば」

ウディ・アレンは、『ミッドナイト・イン・パリ』『マジック・イン・ムーンライト』などで知られるアメリカの監督。イングマール・ベイルマンの影響を強く受けるが、最初の条件設定と人間関係からそれぞれの人生を辿り、コメディと皮肉入り交じる独特の世界観はどことなく村上春樹を思わせる。アカデミー賞ノミネート数24回は史上最多だが、かねてから本国よりもヨーロッパや日本での人気が高いようにおもう。

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』は、記念すべき監督50作品目にあたる。撮影監督は、『ラストタンゴ・イン・パリ』や『地獄の黙示録』『ラストエンペラー』などその色が脳裏に焼き付くヴィットリオ・ストラーロ。キャストにはティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメスといった今をときめく若手スターを揃え、今回もニューヨークを舞台に運命に翻弄される男女を描く。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.