くらし情報『コロナ時代のキスシーンはこうして撮影! 週3回の検査も実施』

2020年9月25日 21:45

コロナ時代のキスシーンはこうして撮影! 週3回の検査も実施

コロナ時代のキスシーンはこうして撮影! 週3回の検査も実施


マウスウォッシュで口をゆすぐK.J.アパとカミラ・メンデス/K.J.アパのInstagramより

コロナ禍は依然続くものの、予防対策を進めがら映画などの撮影もようやく再開し始めたハリウッド業界。TVシリーズ『リバーデイル』(Netflixで配信中)のキャスト2人が“新しい様式”でのキスシーン撮影について解説した。

・コロナ陽性のドウェイン・ジョンソン、2歳娘も感染。 R・パティンソンは撮影中断

アメリカの架空の街・リバーデイルで起きた男子高校生の死亡事件をめぐる青春ミステリーで、主人公の高校生アーチーを演じるK.J.アパは「僕たちの新しい様式は、キスシーン撮影前に毎回口をゆすぐこと」とコメント付きで、ヴェロニカ役のカミラ・メンデスととともに紙コップに入ったマウスウォッシュで30秒間口をゆすぐ動画を23日(現地時間)、インスタグラムにアップした。

ゴム手袋を着用したスタッフから紙コップを渡され、口をゆすいでる2人にスタッフの女性が「あと10秒」と声をかけ、、液体を吐き出すのは密封可能なプラスチックの保存袋の中という予防対策の徹底がうかがえる。

『リバーデイル』はシーズン4撮影中だった今年3月、新型コロナウイルス感染拡大を受けて撮影が中断していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.