くらし情報『コロナ拡大の影響で興収も大幅ダウン、全米で大作映画の公開日延期相次ぐ』

2020年9月26日 09:37

コロナ拡大の影響で興収も大幅ダウン、全米で大作映画の公開日延期相次ぐ

コロナ拡大の影響で興収も大幅ダウン、全米で大作映画の公開日延期相次ぐ


『ブラック・ウィドウ』
(C)Marvel Studios 2020

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、ウォルト・ディズニーは9月23日(現地時間)に数作品の公開延期を発表した。

『ナイル殺人事件』全米公開10月23日→12月18日
『ブラック・ウィドウ』全米公開11月6日→21年5月7日
『ディープ・ウォーター』全米公開11月13日→21年8月13日
『ウエスト・サイド・ストーリー』全米公開12月18日→21年12月10日
『エターナルズ』全米公開21年2月12日→21年11月5日
『シャン・チー・アンド・レジェンド・オブ・テン・リングス』全米公開21年5月7日→21年7月9日

既にワーナー・ブラザースは10月9日公開の『ワンダーウーマン1984』を12月25日に延期しており、『ナイル殺人事件』の延期で10月のメジャー大作はなくなった。

メジャー大作の公開延期が相次ぐのは『TENET テネット』の興行が振るわないからだ。アメリカでは映画館の営業が再開した地域が多いが、ニューヨークやロサンゼルス、サンフランシスコなどの大都市では休業中。このため、アメリカで9月3日から公開された『テネット』の興収は9月20日時点で3610万ドル。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.