くらし情報『マイルス・デイヴィスのドキュメンタリーが単館系では異例の大ヒット! 帝王の知られざる真実にファン涙』

2020年9月30日 17:02

マイルス・デイヴィスのドキュメンタリーが単館系では異例の大ヒット! 帝王の知られざる真実にファン涙

マイルス・デイヴィスのドキュメンタリーが単館系では異例の大ヒット! 帝王の知られざる真実にファン涙


マイルス・デイヴィスの素顔に迫るドキュメンタリー映画『マイルス・デイヴィス クールの誕生』が9月4日より公開中だが、単館系劇場での上映にもかかわらず大ヒットしている。続々と全国上映館が増え、なんと現在60館以上での上映が決定。感染予防のため座席数は通常の50%となっているものの、どの劇場も満席で、パンフレットやCD、グッズの売れ行きも好調だ。

・薬物依存に不安と背中合わせの自信…E・ホークが伝説のトランペッターを熱演

マイルスはジャズの帝王と呼ばれる伝説のトランペッター。「サムシン・エルス」「カインド・オブ・ブルー」は永遠にジャズの教科書となっている。映画音楽では、ルイ・マル監督『死刑台のエレベーター』のサウンドトラックで知られ、ラッシュを見ながら即興で録音したという逸話も。

70年代以降はジャズマンと呼ばれるのを嫌うほどジャンルを超えて意欲的に音楽を追究し、ロックやポップス、ヒップホップにも影響を与えた。80年代にはマーカス・ミラーなどの若手を見いだしたり、曲毎にその時代を代表するメンバーと組み、ポール・マッカートニーやロッド・スチュアート、マイケル・ジャクソンらロックやポップスのアーティストにも影響を与えた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.