くらし情報『ソフィア・コッポラが初のNYロケで描く家族の風景』

2020年10月8日 17:14

ソフィア・コッポラが初のNYロケで描く家族の風景

ソフィア・コッポラが初のNYロケで描く家族の風景


(C)2020 SCIC IntlPhoto Courtesy of Apple

ソフィア・コッポラ監督の最新作『オン・ザ・ロック』が10月2日より絶賛公開中。10月23日からはApple TV+でも配信される。

・巨匠監督、妻のデビューには乗り気じゃなかった!? ゴッドマザーが苦労明かす

ソフィア・コッポラは、アカデミー賞主要4部門にノミネートされた『ロスト・イン・トランスレーション』(03年)で一躍その名を世界に轟かせた。初監督作品は『バージン・スーサイズ』(99年)で、これと同じキルスティン・ダンストを主演に据えて臨んだ『マリー・アントワネット』(06年)は賛否が分かれたが、続く『サムウェア』(10年)ではヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞。名誉挽回を果たした。最近も『ビル・マーレイ・クリスマス』(15年)で『ロスト・イン・トランスレーション』のビル・マーレイとタッグを組んで話題となり、『ビガイルド 欲望のめざめ』(17年)ではカンヌ映画祭のコンペティション部門で監督賞を受賞している。

映画のサウンドトラックではポップスを多用することでも知られ、ミュージックビデオにも造詣が深く、私生活ではMTVミュージックビデオの常連スパイク・ジョーンズと結婚歴がある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.