くらし情報『ル・コルビュジエが嫉妬した女流インテリアデザイナーの生涯』

2020年10月8日 17:23

ル・コルビュジエが嫉妬した女流インテリアデザイナーの生涯

で撮影されている。

「E.1027」は、アイリーンとバドヴィッチがふたりで心地よく過ごせることをモットーに、海への見晴らしがいい斜面と一体化し、床から天井に至る大きな窓を設けた構造にしたことで、インテリアも屋外庭園とシームレスに繋がっていた。

そこに、インテリアデザイナーとして手がけたアイリーンの作品がちりばめられる。

長椅子「トランザット」、ミシュランタイヤにちなみ丸くて座り心地のいい「ピバンダム」、置き場所や使い方を選ばないアームレスソファベッド「デイ・ベッド」、世界で最もコピー商品が多いと言われるベッドで食事を取るために作られた「アジャスタブル・テーブル」、蝶番付きで角度を変えられる洗面ミラー「カステラー」等々、すべてが機能的だ。

そして、海辺に浮かぶ船を連想させるラグ「ブルー・マリン」は、日本人工芸家の菅原精造に漆工芸を学んでいたアイリーンのセンスの良さが光る。

モダニズム建築では括れない、使い手に寄り添う住まい
作中、アイリーン自身が述べているように、アイリーンの建築とインテリアは、コルビュジエと対比して「意図と機能が大事」「目的ではなく、効果を求めて」デザインされている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.