くらし情報『ル・コルビュジエが嫉妬した女流インテリアデザイナーの生涯』

2020年10月8日 17:23

ル・コルビュジエが嫉妬した女流インテリアデザイナーの生涯

立地や使い手の立場から建築を組み立てる手法は、ドキュメンタリー映画『建築と時間と妹島和世』で女流建築家の妹島和世が示したアプローチと同じ。また、建築、インテリア、家具を一体として考える点は、建築家の押野見邦英と同じである。

この「E.1027」はモダン建築・インテリアだと言うのはたやすいが、アイリーンいわく「意図と機能美のバランス感覚」に溢れている。

インテリアや建築の価値は、住む人への愛情次第
本作では、アイリーンとバドヴィッチが好意的に描かれるのとは対照的に、コルビュジエ同様、シャルロット・ペリアンは野心的な人物として描かれる。彼女は、アイリーン・グレイの若き後継者としてル・コルビュジエ期待の星であり、同時にバドヴィッチの浮気相手として登場する。ただ実際にはペリアンはアイリーンを尊敬していたと言われ、そのルーツを辿り日本を訪れ、高島屋「民藝展」にみられるように日本のインテリアに重要な足跡を残した。

コルビュジエも、「形式なんて無意味で、大切なのは生き方だ」と言うアイリーンを最終的には認め、だからこそ「E.1027」に住んだ。作中にも、E.1027に興味のない富豪が「アジャスタブル・テーブル」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.