くらし情報『地方出身ガールと都会派モテ男の恋 インテリアも対照的』

2020年10月10日 09:24

地方出身ガールと都会派モテ男の恋 インテリアも対照的

地方出身ガールと都会派モテ男の恋 インテリアも対照的


田舎出身シンデレラガールと都会のモテ男の欺し合い
『恋は邪魔者』は、レニー・ゼルウィガーとユアン・マクレガーが共演した2003年公開のアメリカ映画。監督は、ペイトン・リード。1962年のニューヨークが舞台のロマンティック・コメディだ。

・無機質で静謐なコーディネート、インテリアにも注目のサスペンス映画

アメリカ北東にあるメーン州出身の女流作家バーバラ・ノヴァク(レニー・ゼルウィガー)は、書き上げた自身の著作「恋は邪魔者」をPRするため、ニューヨークにやって来る。しかし男性誌「ノウ」の記者でモテ男のキャッチャー・ブロック(ユアン・マクレガー)は、その紹介記事を書くのを断る。ところがバーバラの本は大ベストセラーに。しかもバーバラは、女性の敵としてキャッチャーを名指しする。面目を潰されたキャッチャーは、“女性に恋愛は不要”というこの本の主張を覆すため、身元を偽ってNASAの宇宙飛行士ジップと名乗り、バーバラを誘惑すべく様々な計画を仕掛ける。そして遂に勝利したと思った瞬間、大どんでん返しが待っていた。

いまの時代にはちょっと違和感? 男は青、女はピンクのインテリア
本作では、1950年代風の衣装100着が話題となったが、実はインテリアに着目しても面白い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.