くらし情報『黒澤明の名作『生きる』をノーベル賞作家カズオ・イシグロ脚色でリメイク!』

2020年10月16日 20:27

黒澤明の名作『生きる』をノーベル賞作家カズオ・イシグロ脚色でリメイク!

黒澤明の名作『生きる』をノーベル賞作家カズオ・イシグロ脚色でリメイク!


黒澤明監督の名作『生きる』(52年)がイギリスでリメイクされることが決定、脚色をノーベル賞作家のカズオ・イシグロが手がけることが明らかになった。

・世界的作家カズオ・イシグロが10年ぶりの来日で映画愛を語る

『生きる』は、がんで余命幾ばくもない市役所職員の男性が自らの半生を省みて、生きることと向き合う物語。1952年のロンドンが舞台となり、オリジナル版で志村喬が演じて英国アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた主人公を『ラブ・アクチュアリー』『名探偵ピカチュウ』のビル・ナイが演じ、他に、Netflixオリジナルシリーズ『セックス・エデュケーション』のエイミー・ルー・ウッドが出演。

監督は南アフリカ出身で2011年に『Beauty(英題)』でカンヌ国際映画祭でクイア・パルムドールを受賞したオリヴァー・ハーマナス。黒澤と橋本忍、小國英雄による脚本の脚色を日系イギリス人であるイシグロが手がける。

イシグロは「この物語の精神は、私たちの生きる意味や充実をもたらすことが私たち1人1人の責任であることを示唆しています。たとえ不利な状況になっても、私たちは日々の暮らしに誇りと幸せになる方法をみつようとするべきなのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.