くらし情報『北朝鮮の独裁体制、驚きと恐怖の内実に迫る3本』

2020年10月18日 00:08

北朝鮮の独裁体制、驚きと恐怖の内実に迫る3本

北朝鮮の独裁体制、驚きと恐怖の内実に迫る3本


『わたしは金正男(キム・ジョンナム)を殺してない』は、2020年10月10日より公開中
(C)Backstory, LLC. All Rights Reserved.

北朝鮮は2020年10月10日に、朝鮮労働党の創建75周年を迎えたことを祝した大規模な軍事パレードを行った。このパレード内では、新型ミサイルをお披露目。北朝鮮の軍備強化を国内外に向けてあらためてアピールする結果となったという。日本人にとっては、拉致問題などが解決していないこともあり、「近くて遠い国」として秘密のベールに包まれている北朝鮮。今回はそんな“知られざる国”北朝鮮の独裁体制に対して、“他国”の人たちが感じた驚きや恐怖について描かれた作品をピックアップしてみたい。

・嫌煙でもニコチン中毒が問題に! 米国タバコ産業の今を知る3本

現在公開中のドキュメンタリー映画『わたしは金正男を殺してない』は、2017年2月13日にマレーシアの空港で起こった、金正男暗殺事件の真相に迫った作品だ。当時、北朝鮮の最高指導者・金正恩の異母兄をターゲットとしたこの暗殺事件は、その犯人がインドネシア人のシティ・アイシャ、そしてベトナム人のドアン・ティ・フォンという、若き二人の女性だったという意外性もあり、センセーショナルに報じられた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.