くらし情報『『海の底からモナムール』セーラー服幽霊の純愛ホラー!』

2020年10月19日 10:33

『海の底からモナムール』セーラー服幽霊の純愛ホラー!

『海の底からモナムール』セーラー服幽霊の純愛ホラー!


(c)Besoin d’Amour Film Partners

12月4日にアップリンク吉祥寺などで公開される日仏合作のファンタジーホラー『海の底からモナムール』のビジュアルおよび特報が解禁された。

“Jホラーの名匠”黒沢清監督、ヴェネチア銀獅子賞までの軌跡

本作は仏監督ロナン・ジルの長編2作目にして、オール日本人キャスト・全編日本語の新感覚ホラー映画。10年前、イジメに遭い、島の崖から飛び降りた女子高生・ミユキ(清水くるみ)は、「ただ愛されたい」という想いを抱き、17歳のままずっとこの瀬戸内海の浜にいる。当時、ミユキが想いを寄せていたタクマ(桐山漣)は、同じく島出身のマツ(前野朋哉)に連れられ、それぞれの彼女・カオリ(三津谷葉子)とトモヨ(杉野希妃)と一緒に、卒業後初めて島に戻ることに。その島では去年、かつて近所に住んでいた同級生のリカが溺れて死んでいた。「あの浜に行くな」と言う忠告を聞かず、浜でキャンプをする4人。夜、浜でミユキを見て、テントに駆け込むタクマ。海で泳いでいたカオリは、誰に足を引っ張られ、危うく溺れそうに。果たして4人は、無事に帰京できるのか…というストーリーが展開される。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.