くらし情報『リビングのインテリアと調和する大画面。夢の寝室シアターも!』

2020年10月23日 15:17

リビングのインテリアと調和する大画面。夢の寝室シアターも!

リビングのインテリアと調和する大画面。夢の寝室シアターも!


毎週末映画館に行くのが楽しみだった映画ファンの皆さん。コロナ渦で永らく家のテレビで我慢してきたものの、久しぶりに劇場に足を運ぶと「やっぱり映画はスクリーンにプロジェクターだよね」と実感していることだろう。

・ホームシネマ向け4K超短焦点プロジェクターの真打ち登場。50cm先の壁に80インチの大画面

それもそのはず、テレビは「直視型」と言って、いわばこちらに向かって来る光源を直接見ている。原理としては照明を直接見ているようなもの。

でも、マットなスクリーンで反射した光なら、大画面であっても目に優しくて疲れない。なぜならそれは、私たちが身の回りにあるものを目で認識しているのと同じ原理だから。

ただ、プロジェクターというと、壁と対面する天井に吊るイメージがあって、居住空間にマッチしないでしょ……そう考えているアナタに、いえいえテレビよりもっと色々な使い方ができるんです! ということをお伝えしたい。

今回、国内プロジェクターシェアNo.1のエプソンが発表した新作たちは、そうした使い方提案に溢れている。ここでは、その中でもとくに興味を引く2モデルをピックアップする。

白壁の手前に置いて最大120インチ
まずひとつめは、投写する壁の手前に置くだけで大画面を実現できる「超短焦点」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.