くらし情報『横浜流星、吉高百合子ら釜山国際映画祭にリモート参加!』

2020年10月23日 18:20

横浜流星、吉高百合子ら釜山国際映画祭にリモート参加!

横浜流星、吉高百合子ら釜山国際映画祭にリモート参加!


(C)2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会 (C)2020 Gaga Corporation / AMUSE Inc. / Lawson Entertainment,Inc.

横浜流星と吉高百合子がW主演を務める三木孝浩監督最新作『きみの瞳(め)が問いかけている』が、10月23日全国公開となった。公開初日には第25回釜山国際映画祭でも特別上映作品として正式出品され、横浜、吉高、三木監督の3人がリモートで参加。コロナ渦で現地に赴くのが困難な状況下で、海外の観客と質問形式での対話を楽しんだ。

・横浜流星 憂いと笑顔のコントラスト画像解禁

本映画は、交通事故で視力を失った明香里(吉高)と、罪を犯しキックボクサーとしての夢を絶たれた累(横浜)による運命のラブストーリーだ。

空手チャンピオンの横浜もキックボクサー役には苦労!? キスシーンが好評
明香里を演じた吉高は「相手の目を見ることなくセリフを言うのが初めての経験だったので、伝わるのかどうか不安でした。目が見えないという設定なので、髪の毛が目にかかっていても放ったらかしにしたまま演じていました」と演じる上でのこだわりを明かした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.