くらし情報『『鬼滅の刃』最短100億超え! 200億も夢じゃないといえる理由とは?』

2020年10月26日 17:19

『鬼滅の刃』最短100億超え! 200億も夢じゃないといえる理由とは?

『鬼滅の刃』最短100億超え! 200億も夢じゃないといえる理由とは?


『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

『千と千尋の神隠し』を超える新記録樹立
公開2週目を迎えた『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、25日までの公開10日間で興収約107.5億円を記録した。これまで100億円を最速で突破したのは『千と千尋の神隠し』(01年)の25日間。19年ぶりに新記録を樹立した。

週末の24日は興収約15億、25日は約15.4億円で、計30.4億円。2週目に入っても、昨年の『天気の子』初日3日間の16.4億円、『名探偵コナン 紺青の拳』18.9億円、『アナと雪の女王2』19.4億円の興収を上回っている。

・今さら聞けない『鬼滅の刃』 お節すら爆売れさせるその魅力とは?

公開直後と同じく土日は全席販売で対応するシネコンチェーンが多く、TOHOシネマズ、ユナイテッドシネマ、109シネマズなどで全席販売した。上映回数は相変わらず多く、通常は1日5回のところ、10回以上は当たり前。20回を超えるシネコンも多くあった。公開初日に42回を上映して話題のTOHOシネマズ新宿では、23日は37回、24日は34回、25日は27回だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.