くらし情報『深田恭子の魅力だけじゃない! お宝インテリアにも注目『ルパンの娘』』

2020年10月29日 20:44

深田恭子の魅力だけじゃない! お宝インテリアにも注目『ルパンの娘』

深田恭子の魅力だけじゃない! お宝インテリアにも注目『ルパンの娘』


深田恭子と瀬戸康史が恋人役を演じるテレビドラマ『ルパンの娘』。Twitterトレンドで世界2位となるなどネットでの話題性が後押しし、現在続編がフジテレビ系地上波で毎週木曜の夜10時に放送中だが、今回はそこで登場する「泥棒一家のインテリア」に注目してみよう。

・リッチな豪邸とアートなワンルーム インテリアが映し出す2人の心情

原作は、2015年8月に発表された横関大の同名小説で、謎の泥棒一家「Lの一族」でもっとも腕が立つものの跡継ぎを拒む娘・三雲華(深田)と、警察一家に生まれ何事にもまっすぐで「Lの一族」の逮捕を狙う警視庁の桜庭和馬(瀬戸)が恋愛関係になるというラブコメディー。

昨年7月から9月に放送された第1シリーズでは、「Lの一族」が爆死したと世間を欺かせ、桜庭家に三雲家が身を寄せるところで終わっている。現在放送中の第2シーズンでは、2人の子どもの出産シーンの描写などが話題となっているほか、名探偵の一族、北条家が加わり孫の美雲(橋本環奈)が登場するなど新キャラクターもTwitterを沸かせている。

お気に入りアイテムで埋め尽くすインテリア
「L の一族」の部屋のコーディネートの狙いについては、昨年の第1シリーズについてではあるが、フジテレビの番組美術について紹介しているWebサイト「フジテレビジュツの仕事」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.