くらし情報『ジョニー・デップ、DV疑惑で『ファンタビ』降板に追い込まれる』

2020年11月7日 22:30

ジョニー・デップ、DV疑惑で『ファンタビ』降板に追い込まれる

ジョニー・デップ、DV疑惑で『ファンタビ』降板に追い込まれる


『ファンタビ』第3弾降板をInstagramで明らかに
ジョニー・デップが現在撮影が行われている『ファンタスティック・ビースト』第3弾を降板したことを、自らインスタグラムで明らかにした。

・ジョニー・デップと元妻アンバーの泥沼裁判がようやく終了。DVの有無は?

これを受けてワーナー・ブラザースは、デップの降板を認めてシリーズ第3弾の公開を2021年11月から2022年夏に延期することを発表した。

デップは同シリーズで、1920年大に魔法界を分裂させた闇の魔法使い、ゲラート・グリンデルバルドを演じている。

6日(現地時間)にデップがインスタグラムに投稿した声明は「最近の出来事を踏まえ、以下のような短い声明を発表したいと思います」という一文から始まる。

「まず第一に、これまで私に忠誠心と支援を贈ってくれたみなさんに感謝を伝えたいです。特にここ数日で、たくさんの愛と心配を示すメッセージを受け取り、私は謙虚な気持ちと感動を覚えています。第二に、ワーナー・ブラザースから『ファンタスティック・ビースト』のグリンデルバルド役を降板するよう求められたことをお知らせしたいと思います。私は彼らの要請を尊重し、同意しました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.