くらし情報『「新しい地図」稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が映像作品で本領発揮』

2020年11月14日 17:43

「新しい地図」稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が映像作品で本領発揮

「新しい地図」稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が映像作品で本領発揮


『ミッドナイトスワン』に主演している草なぎ剛

昨年は『半世界』『凪待ち』『台風家族』でイメージを裏切る役柄を好演
まだ夏の名残のあった9月下旬に公開され、今も上映が続く息の長いヒット作『ミッドナイトスワン』。同じく9月からAmazon Prime Videoで配信中の『誰かが、見ている』、そして11月20日公開の『ばるぼら』。今年の秋から冬にかけて、「新しい地図」の3人(稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾)が映像作品で活躍している。

・『ミッドナイトスワン』草なぎ剛インタビュー

2017年に公式サイト「新しい地図」を立ち上げ、SNSを介してファンや社会と積極的にコミュニケーションを取りながら、AbemaTVの生放送番組「新しい別の窓」、音楽、アート、執筆、チャリティ(LOVE POCKET FUND/愛のポケット基金)など様々な分野に活動範囲を広げてきた彼らは、もちろん以前からドラマや映画、舞台で活躍し、その実力は証明済み。昨年公開されたそれぞれの主演映画では、世間が彼らに抱いていたイメージを良い意味で裏切ってみせた。

都会的で洗練された印象の稲垣は阪本順治監督の『半世界』で田舎暮らしの炭焼き職人、老若男女を問わず親しまれる香取は白石和彌監督の『凪待ち』でギャンブル依存症の自堕落な男、柔和な笑顔のイメージの草彅は市井昌秀監督の『台風家族』で両親の遺産をめぐって弟妹たちと争う不機嫌な男。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.