くらし情報『『呪術廻戦』ヒットの予感 テイストは『HUNTER HUNTER』×『東京喰種』』

2020年11月16日 10:47

『呪術廻戦』ヒットの予感 テイストは『HUNTER HUNTER』×『東京喰種』

を使う。対して五条は…というストーリーが展開される。

ネタバレは避けるが、週刊少年ジャンプで掲載中の『呪術廻戦』最新話は、絵柄が『HUNTER HUNTER』や『幽遊白書』に近い迫力を見せている。また連載が進むにつれて絵がより上手くなる、というこれまでの人気漫画家たちと同じ特徴も示し始めている。

「呪い」というコンセプトは「人間を食う種族」を描いた『東京喰種』(週刊ヤングジャンプで連載。2018年に連載終了)を彷彿とさせるダークさだ。『HUNTER HUNTER』や『東京喰種』の良い点を吸収しつつ、ジャンプの三大原則“友情・努力・勝利”を描く。

加えて『呪術廻戦』に登場する攻撃技「領域展開」は、それぞれの個性に応じて変幻自在の技になる点が、『HUNTER HUNTER』の念能力や『BLEACH』の必殺技「卍解(ばんかい)」に似て、読者を飽きさせない仕掛けになっている。

今後の不安点は面白さと複雑さの共存

そんな『呪術廻戦』にも不安点はある。その1つはコンセプト。『東京喰種』にも言えるように、「呪い」や「人食い種族」というコンセプトは、逆説的に「人間とは何か」を突き詰める傾向にある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.