くらし情報『『呪術廻戦』ヒットの予感 テイストは『HUNTER HUNTER』×『東京喰種』』

2020年11月16日 10:47

『呪術廻戦』ヒットの予感 テイストは『HUNTER HUNTER』×『東京喰種』

それはある意味、“文学する”行為に近い。人間の真に迫り、ストーリーは俄然面白くなるが、展開や作品の結末が難しくなる諸刃の剣だ。

また前述の「領域展開」を駆使したバトルは、時に物理学チックな解説を施す。『HUNTER HUNTER』のように、緻密な戦術解説が入ることも少なくない(その分、読み応えはあると言えるが)。ストーリーの進行に伴ってコンセプトやバトルがあまり複雑になると、読者がついていけなくなる恐れがある。

攻撃能力や舞台設定を複雑に作り込みながらも読者を楽しませる『HUNTER HUNTER』は、冨樫先生の名人芸であり至難の業だ。とはいえ、『呪術廻戦』も既刊(全13巻)は尻上がりに面白くなっている。様々な複雑さを上手く消化して『HUNTER HUNTER』の域に達するなら、令和を代表する人気バトル漫画になる可能性が高い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.