くらし情報『門脇⻨と水原希子が格差社会の生きづらさ体現。『あのこは貴族』予告編解禁』

2020年11月27日 21:29

門脇⻨と水原希子が格差社会の生きづらさ体現。『あのこは貴族』予告編解禁

門脇⻨と水原希子が格差社会の生きづらさ体現。『あのこは貴族』予告編解禁


(C)山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会

自ら自分の人生に線引きをしてきた日々からの解放
門脇⻨と水原希子が共演する映画『あのこは貴族』が来年2021年2月26日より全国公開されるが、その予告編と本ビジュアルが解禁となった。

・映画『あのこは貴族』予告編

本作は山内マリコの同名小説の映画化で、監督は初のオリジナル⻑編作品『グッド・ストライプス』で新藤兼人賞金賞を受賞した岨手由貴子。

予告編では、前半で、年齢や性別、出身地など社会で選別され続ける生き辛さを榛原華子(門脇)と時岡美紀(水原)の視点を通して映し出す。終盤には、友人の相良逸子(石橋静河)とはしゃぐ華子の姿や友人の平田里英(山下リオ)と笑顔で談笑する美紀の姿がみられ、彼女たちなりに未来へ向けて幸せを模索した様子を感じさせるものとなっている。

合わせて解禁となった大島依提亜デザインによる本ビジュアルでは、黒のタートルネックにネックレスという“お嬢様ルック”の華子に対し、上下紺のパンツスーツを着こなす“働く女性”の美紀が立ち、対照的な立場の違いを見せている。

出自も生きる階層も違う二人の女性がいまの日本を生きる
本作は、本来交わるはずのなかった二人の若い女性の物語。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.