くらし情報『ノーベル賞授賞式の舞台裏が垣間見れる名作&サスペンス3本』

2020年11月28日 15:04

ノーベル賞授賞式の舞台裏が垣間見れる名作&サスペンス3本

スウェーデン発のクライムサスペンス『ノーベル殺人事件』
そして最後は、『ドラゴン・タトゥーの女』などで知られる「ミレニアム」シリーズのスタッフが、世界的ベストセラー「アニカ・ベングッソン」シリーズを映画化した『ノーベル殺人事件』(2012年)だ。ストックホルムの市庁舎で行われていたノーベル賞記念パーティーで、ノーベル医学賞を決定する委員会の代表キャロライン・ヴォン・ベリングが殺害される。取材のために、現場に居合わせていた新聞記者のアニカは、警察から記事を書かないように圧力をかけられながらも、事件の裏側を調査する……というクライムサスペンスだ。実際のノーベル賞の選考過程に、この映画に描かれているようなドロドロな人間模様があるのかどうかは知るよしもないが、こうした切り込んだ内容の映画が、ノーベル賞のお膝元であるスウェーデンで作られたということがユニークだ。(文:壬生智裕/映画ライター)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.