くらし情報『ホームシアターの画質を決定づける! 奥が深いスクリーンの世界』

2020年11月29日 12:34

ホームシアターの画質を決定づける! 奥が深いスクリーンの世界

ホームシアターの画質を決定づける! 奥が深いスクリーンの世界


(株)藏持 ホームシアター施工例(スクリーン:キクチ スタイリスト ホワイトマットアドアバンス)

4Kテレビが格安に手に入る時代となったが、80インチ超の画面で伸び伸びと映画やライブ映像等を楽しむなら、プロジェクターがオススメ。そのプロジェクターの性能も向上し、比較的自由な場所に映せたり、白い壁に直接投写してもけっこうイケるようになった。

それでもなお、きちんとしたスクリーンに映すべき理由がある。プロジェクターがクルマのエンジンなら、スクリーンはタイヤ。この性能によって、実はぜんぜん画質が違ってくるのだ。ここでは、スクリーンのメリット、種類と、最新のスクリーン動向についてもご紹介する。

・リビングのインテリアと調和する大画面。夢の寝室シアターも!

オーソドックスで劇場に近い「拡散型」
ひとくちにスクリーンといっても、実はいろいろな種類がある。

もっともオーソドックスなのは、劇場などでも使われている「拡散型」。入ってきた光を淀みなく素直に反射・拡散させるため、素直な映像が得られるとともに、見る場所によって画が違わないので大人数での視聴に適している。

欠点は、光が拡散されてしまう結果、明るい映像を得るためにはプロジェクターにパワーが必要なこと、視聴環境を暗くする必要があることだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.