くらし情報『ブルース・ウィリス『アルマゲドン』から22年を経て再び宇宙へ!今度は謎の生命体と戦う』

2020年12月2日 18:08

ブルース・ウィリス『アルマゲドン』から22年を経て再び宇宙へ!今度は謎の生命体と戦う

ブルース・ウィリス『アルマゲドン』から22年を経て再び宇宙へ!今度は謎の生命体と戦う


映画『アンチ・ライフ』日本版ポスタービジュアル
(C) 2020 Anti-Life LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

あのブルース・ウィリスが『アルマゲドン』から22年の歳月を経て再び宇宙へと旅立ち、今度は謎の生命体と戦うSFアクションスリラー『Anti-Life(原題)』。この映画が『アンチ・ライフ』という邦題で2021年1月15日よりTOHOシネマズ日比谷にて公開されることが決定し、日本版のポスタービジュアルと予告編が解禁となった。

[動画]解禁となった映画『アンチ・ライフ』予告編

本作は、地球が謎のウイルスに侵され滅亡の危機を迎える西暦2242年が舞台。選ばれた5000万人の富裕層は宇宙船に乗り、ニューアース(新たな地球)へと避難を開始する。宇宙船は元軍人と現役兵士により管理され、労働と引き換えに何とか潜り込んだノアは、クレイの下で働くことになる。そうした中、宇宙船内で殺人事件が発生するが、その現場はどうみても人の手によるものではなかった。かくして、クレイ率いる元兵士軍団と正体不明の“何か”の人類の存亡をかけた戦いの火蓋が切って落とされる。

ブルース・ウィリスが演じるのはクレイ役。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.