くらし情報『松山ケンイチ、木村文乃共演! ボクサー映画『BLUE/ブルー』21年4月公開』

2020年12月7日 21:24

松山ケンイチ、木村文乃共演! ボクサー映画『BLUE/ブルー』21年4月公開

松山ケンイチ、木村文乃共演! ボクサー映画『BLUE/ブルー』21年4月公開


(C)2021「BLUE/ブルー」製作委員会

松山ケンイチ、木村文乃、柄本時生、東出昌大の4人が、吉田恵輔監督の新作映画『BLUE/ブルー』(2021年4月全国公開)で共演することがわかった。それぞれが意気込みや心境を語っている。

松山ケンイチ・染谷将太、山田孝之Pの薄〜い存在感イジる

松山ケンイチ、2年間役作り「脚本を読んだ時の感動を表現する言葉が見つからない」

本作は『ヒメアノ~ル』(16年)、『犬猿』(18年)などリアリティあふれる描写で人間の光と影を表現し続け、ボクシング歴約30年の吉田恵輔監督が、8年の構想期間をかけて監督・脚本をつとめた完全オリジナル作品。どれだけ努力しても、どれだけ才能があっても、約束された成功なんてない。それでも前に進む姿が胸を打つ、静かに熱い若きボクサーたちの物語。

描くのは、挑戦者を象徴する“ブルーコーナー”で戦い続ける者たちの生き様。主人公は、誰よりも努力し情熱を注ぐも、負け続きの先輩ボクサー・瓜田信人(松山)。同じジムに所属するのは、抜群の才能とセンスを持ち、チャンピオン目前の後輩・小川一樹(東出)と、好きな娘のために始めたボクシングにのめり込んでいく新人・楢崎剛(柄本)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.