くらし情報『2020年振り返り:ショーン・コネリー、イアン・ホルム…名優たちが逝去』

2020年12月27日 09:21

2020年振り返り:ショーン・コネリー、イアン・ホルム…名優たちが逝去

アカデミー賞主演女優賞を2度受賞し、1980年代後半に女優を引退。2017年、101歳の時にイギリスで「デイム」の称号を与えられていた。

ショーン・コネリーは10月31日(現地時間)、バハマ諸島ナッソーの自宅で90歳で亡くなった。『007』シリーズの初代ジェームズ・ボンド俳優となり、ボンド役を卒業後は「ロビンとマリアン」や『薔薇の名前』などで活躍。1987年の『アンタッチャブル』でアカデミー賞助演男優賞を受賞した。2006年に俳優を引退し、晩年は記憶障害を患っていたことを、妻がコネリーの死後に明らかにした。

[ムビコレおすすめ動画配信サービス5選]ドラマ、映画はネットで見る時代。まずは無料でお試し!

『第七の封印』『エクソシスト』、最近では『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』にも出演していたスウェーデン出身の名優マックス・フォン・シドーは3月8日(現地時間)、90歳で亡くなった。

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのビルボ・バギンス役で知られるイアン・ホルムは6月19日(現地時間)、88歳で逝去。晩年はパーキンソン病に苦しんでいた。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで主人公フロドを演じ、ホルムの遺作となった『ホビット 決戦のゆくえ』で共演したイライジャ・ウッドはツイッターで親しみを込めて「さようなら、おじさん」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.