くらし情報『ゴジラ映画の全米公開を前倒し、コロナにあえぐ映画業界で異例の配給戦略』

2021年1月18日 11:44

ゴジラ映画の全米公開を前倒し、コロナにあえぐ映画業界で異例の配給戦略

ゴジラ映画の全米公開を前倒し、コロナにあえぐ映画業界で異例の配給戦略


映画館が約7割休業で 回復の兆しが見込めない映画界

1月15日(現地時間)、ワーナー・ブラザースは、ゴジラとキングコングが激突する『GODZILLA VS. KONG』(原題)の米国公開日を5月21日から3月26日に変更すると発表した。

・正月映画は『ドラえもん』が伸び悩み、『鬼滅の刃』に家族客奪われた?

これに先立つこと1月11日、ソニーピクチャーズは、スパイダーマンの悪役モービウスを主人公にした『モービウス』の米国公開日を3月19日から10月8日に延期すると発表している。ソニーは「新型コロナウィルスの感染拡大が続く中、3月の公開では満足な興行が行えない」と判断したと推測されるが、逆にワーナーはなぜ公開を約2ヵ月早める異例の配給戦略と取ったのか。

ワーナー作品は米国では劇場公開と当時に動画配信サービスHBO Maxで配信される。2ヵ月早くHBO Maxに投入することで会員増につなげる狙いがあったと推測される。

また5月には新作がひしめきあっていた。

5月7日公開『ブラック・ウィドウ』(マーベル映画新作)
5月14日公開『モンスターズ・リーグ』(モンスターと人間が共存する世界を描くアニメ映画)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.