くらし情報『モデルナ社ワクチンを接種、ビリー・クリスタルの感想は?』

2021年1月29日 17:14

モデルナ社ワクチンを接種、ビリー・クリスタルの感想は?

モデルナ社ワクチンを接種、ビリー・クリスタルの感想は?


ドジャース・スタジアムではシュワちゃんもコロナワクチン接種

アカデミー賞授賞式の司会や映画『恋人たちの予感』で知られるビリー-クリスタルが新型コロナウイルス予防ワクチンを接種、その体験をトーク番組で語った。

・ブルース・ウィリスが謝罪、マスクなし入店に非難高まり

27日(現地時間)にスティーヴン・コルバートの「レイトショー」にリモート出演したクリスタルは、先日ワクチンの1度目の接種を受けたことを喜んでいると語った。

クリスタルは現在72歳。パンデミックが始まってからは自主的に隔離生活を続けていて、家族や子供、孫たちと直接会えず寂しい思いをしているという。

隔離生活中は大半の時間を「ニューヨークタイムズ」紙のクロスワードパズルをするか、大好きなバスケットボールをして過ごしているというクリスタルは、最近、モデルナ社のCOVID-19のワクチン接種の1度目をドジャース・スタジアムで接種したという。

「注射を受けて、無料のマフラーをもらった。子どもたちや孫たちをハグするための最初の一歩を踏み出せてうれしかった」と言うクリスタルは、「私には持病や基礎疾患があった。“恐怖”というものだ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.