くらし情報『有村架純「ずっと分からないでほしい」“ミステリアス女優”の評価にご満悦』

2021年2月1日 11:00

有村架純「ずっと分からないでほしい」“ミステリアス女優”の評価にご満悦

目次

・菅田将暉、有村架純にギターをレッスン!
・坂元裕二「有村架純さんはミステリアス」女優としての魅力語る
有村架純「ずっと分からないでほしい」“ミステリアス女優”の評価にご満悦


有村架純

女優の有村架純と俳優の菅田将暉が1月29日、W主演映画『花束みたいな恋をした』の初日舞台挨拶。本作の舞台裏などを語り、会場を盛り上げた。

白石麻衣「筋肉質の方が好き」“グッと来る男性”を初告白

菅田将暉、有村架純にギターをレッスン!

本作は、鈴木保奈美や織田裕二が出演した『東京ラブストーリー』(91年)、『Mother』(10年)、『最高の離婚』(13年)、有村と高良健吾のW主演作『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(16年)、松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平が揃い踏みした『カルテット』(17年)など名だたるドラマを執筆してきた脚本家・坂元裕二による完全オリジナルのラブストーリー。

描かれるのは、東京・京王線の明大前駅で終電を逃して偶然出会った21歳の山音麦(やまね・むぎ/菅田)と八谷絹(はちや・きぬ/有村)の2人の恋。その夜から始まる5年間の月日を、渋谷パルコの閉店や「SMAP×SMAP」最終回放送など平成カルチャーの移ろいとともに紡いでいく。

菅田は「坂元さんが脚本をされているテレビドラマを見てきた世代ですし、ラブストーリーを今のうちにやらなきゃな、やりたいなという気持ちがあったんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.