くらし情報『クリストファー・プラマー訃報にジュリー・アンドリュースら追悼コメント』

2021年2月8日 17:30

クリストファー・プラマー訃報にジュリー・アンドリュースら追悼コメント

クリストファー・プラマー訃報にジュリー・アンドリュースら追悼コメント


『手紙は憶えている』で迫真演技を見せたクリストファー・プラマー
(C)2014, Remember Productions Inc.

『サウンド・オブ・ミュージック』ジュリー・アンドリュースもコメント

名作ミュージカル映画『サウンド・オブ・ミュージック』のトラップ大佐をはじめ、『人生はビギナーズ』、『手紙は憶えている』などで活躍したカナダ出身の名優、クリストファー・プラマーが5日(現地時間)にコネティカット州の自宅で亡くなった。

・クリストファー・プラマーが演じる90歳の復讐劇、待ち受ける驚愕の結末とは…

82歳でアカデミー賞助演男優賞を受賞(『人生はビギナーズ』)、88歳の時にも『ゲティ家の身代金』で同賞候補となり、演技部門でのノミネート最高齢記録を更新し、一昨年の『ナイブス・アウト/名探偵と刃の館の秘密』にも出演し、現役で活躍し続けていたが、夫人によると、91歳だったプラマーは転倒による頭部打撲が原因で亡くなったという。

突然の訃報を受け、ともに仕事をした俳優や監督が追悼の言葉を寄せている。

『サウンド・オブ・ミュージック』のジュリー・アンドリュースは「世界は今日、完ぺきな俳優を失い、私は大切な友人を亡くしました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.