くらし情報『オスカーの多様性見せつけたノミネート内容、韓国系俳優がアジア系アメリカ人俳優として初の主演男優賞候補に!』

2021年3月16日 11:50

オスカーの多様性見せつけたノミネート内容、韓国系俳優がアジア系アメリカ人俳優として初の主演男優賞候補に!

目次

・『Mank/マンク』が10部門で最多ノミネート
・『ミナリ』のユン・ヨジョンも助演女優賞候補に
オスカーの多様性見せつけたノミネート内容、韓国系俳優がアジア系アメリカ人俳優として初の主演男優賞候補に!


『ミナリ』(C)2020 A24 DISTRIBUTION, LLC All Rights Reserved.

『Mank/マンク』が10部門で最多ノミネート

第93回アカデミー賞のノミネーションが15日(現地時間)に発表され、『Mank/マンク』が最多10部門で候補になったほか、監督部門で女性2人が、俳優部門で非白人が9人候補となり、ハリウッドが近年目指してきた多様性、包摂性が実現する形となった。

作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞、撮影賞、美術賞、音響賞、作曲賞、衣裳デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞の10部門にノミネートされた『Mank/マンク』に次ぐ6部門で候補になったのは、ゴールデングローブ賞ほかで受賞が相次ぐ『ノマドランド』、ゴールデングローブ賞で外国語映画賞を受賞した『ミナリ』、ゴールデングローブ賞脚本賞の『シカゴ7裁判』、ゴールデングローブ賞助演男優賞受賞の『Judas and the black Messiah(原題)』『ファーザー』、『サウンド・オブ・メタル 〜聞こえるということ〜』。

・若手俳優賞受賞、8歳の名子役の嬉し泣きが可愛すぎる!「これ、夢なの?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.