くらし情報『小栗旬、ハリウッドの規模に「圧倒された」『ゴジラ vs コング』撮影語る』

2021年3月16日 17:06

小栗旬、ハリウッドの規模に「圧倒された」『ゴジラ vs コング』撮影語る

小栗旬、ハリウッドの規模に「圧倒された」『ゴジラ vs コング』撮影語る


突然、出現したゴジラを見つめる蓮
『ゴジラ vs コング』解禁カット
(C)2021WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

ハリウッド版『ゴジラ』シリーズの最新作『ゴジラ vs コング』より、日本版ポスターや劇中カットが解禁された。あわせて、劇中の重要キャタクター・芹沢蓮を演じた俳優・小栗旬のコメントも到着した。

香取慎吾、親友・山本耕史にクレーム「ギリギリ犯罪ですよ(笑)」

小栗旬「好奇心一杯で臨んだハリウッド映画」を振り返る

小栗が演じる蓮は、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズ前2作で渡辺謙が演じた、特務機関モナークの伝説の人物・芹沢猪四郎博士の息子。モナークと協力し、世界で最も高い技術とインフラを提供する組織へと成長したハイテク企業エイペックス社に勤めるミステリアスな主任研究員だ。

小栗は撮影を振り返って「好奇心一杯で臨んだハリウッド映画…。その印象について言えば、当初、映画は映画…大きな違いはないと高をくくっていたのですが、時間が経つに連れて、そのオペレーションの大きさ、セットのスケール、撮影に携わっているスタッフの人数、シーンにかける潤沢な撮影時間など『さすが』と納得させられ、メジャーリーグのパワーに圧倒される思いでした」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.