くらし情報『『キネマの神様』菅田将暉、山田洋次監督の映画作りに驚き「魔法の空気」』

2021年3月30日 09:41

『キネマの神様』菅田将暉、山田洋次監督の映画作りに驚き「魔法の空気」

『キネマの神様』菅田将暉、山田洋次監督の映画作りに驚き「魔法の空気」


映画『キネマの神様』完成報告会見の様子

俳優の菅田将暉が3月29日、映画『キネマの神様』の完成報告会見に永野芽郁、山田洋次監督らとともに出席した。志村けんの遺志を継いだ沢田研二とダブル主演をつとめ、撮影所の助監督として青春の日々を送る若き頃のゴウを演じた撮影を振り返った。

日本アカデミー賞総評:話題かっさらったのは“スター・草なぎ剛”

菅田将暉「山田監督がかける魔法の空気がすごい」

本作は、小説家・原田マハの同名小説を原作とするヒューマン・ドラマにして、松竹映画100周年記念作品。1950〜60年代の日本映画の黄金期と現代を舞台に、“映画の神様”を信じ続けた主人公・ゴウ(菅田)が時代を超えて織り成す夢と愛と奇跡に満ちた物語が描かれる。

長期の撮影中断を経て完成を迎えた本作。菅田は「この1年、色んなことがありましたが思い出の詰まった作品になりました」と言い、山田監督の映画作りについて「撮影のシステムが執念の塊のようでしたね。他の映画の現場とはまるで違う段取りになっていますし、時間の使い方も違いますし、山田監督が考え事をして1〜2時間立っていることもありました。それだけスタッフのことも信頼していますし、山田監督がかける魔法の空気がすごいなと思いました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.