くらし情報『Dream Ami、鈴木伸之、石井杏奈が登壇!『CINEMA FIGHTERS』公開記念舞台挨拶』

Dream Ami、鈴木伸之、石井杏奈が登壇!『CINEMA FIGHTERS』公開記念舞台挨拶

2018年2月11日 10:27
 

関連リンク

・モーガン・フリーマン、今度はセクハラ疑惑を完全否定! 2度目の声明文で
・ドラマ「ブラックペアン」加藤綾子の出演増加で批判も増加
・“猫好き”柴咲コウ、3年ぶりに映画出演!『ねことじいちゃん』ヒロイン決定
Dream Ami、鈴木伸之、石井杏奈が登壇!『CINEMA FIGHTERS』公開記念舞台挨拶


左から石井杏奈鈴木伸之Dream Ami

6編のショートムービーからなるオムニバス映画『CINEMA FIGHTERS』の公開記念舞台挨拶が2月10日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、各話のキャストであるDream Ami鈴木伸之石井杏奈が登壇した。

・[動画]三代目JSB岩田剛典、石井杏奈が登壇!『CINEMA FIGHTERS』プレミア上映会

本作は、EXILE TRIBEと米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル&アジアによるコラボ企画。ショートフィルムの総合ブランド「ShortShorts」と、EXILE TRIBEが所属するLDH JAPANがタッグを組み、河?直美をはじめとする6人の映像作家たちが「ファイターズ」としてLDH楽曲の世界観をショートフィルムとして具現化する新しいプロジェクトだ。

『色のない洋服店』で映画初出演にして初主演をはたしたAmiは「私以外の出演者の方々はずっと俳優業を続けてきてこられた方ばかりで、私のような演技初心者がそこに参加することに、とてもプレッシャーを感じていましたが、その分とても勉強になりました。6名の監督がそれぞれ1作品ずつ作られたのですが、事前に監督同士での打ち合わせなどはなかったようで、世界観がかぶることがあっても、それはそれで面白いと思っていたそうです。それでも見事に一切かぶることなく、それぞれの監督の世界観が出ていることが、とても面白いと思います」とコメント。

『Snowman』で50年の眠りから目覚める役を演じ、倍賞美津子と共演した鈴木は「どれも個性的な作品ばかりで、(作詞家で本作のコンセプトプロデューサーをつとめる)小竹(正人)さんの楽曲を映画化したということは、とても感慨深いです。Dream Amiさんのお芝居は今回初めて見させていただきましたし、一緒にお仕事をさせていただくのも実は今日が初めてで楽しみです。石井ちゃんとは『GTO』のドラマの時から一緒に仕事をさせていただいたのですが、その頃から透明感が変わらず、すごいですね」。

『パラレルワールド』で初めて河?直美監督組に参加した石井は「私自身も小竹さんの楽曲を聞いて『この歌詞の世界観からこういう映像ができたらいいな』と思うことがあったので、この『CINEMA FIGHTERS』の企画のお話をお聞きした時はとても嬉しかったです。プロの監督の方々の世界観ができ上がっていて、とても勉強になりました」と話した。

また、自身が主演する『色のない洋服店』でメガホンをとった齋藤俊道監督について、Amiは「私が今までほとんど演技をしたことがなくて自信がないということもわかってくださって、撮影に入る前にも『役作りは何もしなくていいから、(Ami演じる)由衣の経験と自分の経験を照らし合わせて、自分の記憶を思い出してきて。あなたはそのままでいいよ』と仰っていただき、リラックスして演じることができました」とコメント。

鈴木は倍賞との共演について「とても素敵な方で、ベッドの中で見つめ合うシーンでは『恥ずかしいね』って仰っていて、とても可愛かったです。演技に関しては本当にプロフェッショナルで色々と勉強させていただきましたし、引っ張っていただきました」と振り返り、河?監督と初めて組んだ石井は「現場で監督から簡単な説明をいただいて、撮影初日に初めてお会いした山田孝之さんにタメ口で話さないといけないなど、色々と大変でした。ただ、自分がためらうとそれが画にも映ってしまうので一切の恥を捨てて、撮影に臨みました」と話していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.