くらし情報『米林監督も大満足!『メアリと魔女の花』制作陣が語る4K Ultra HDの魅力とは?』

米林監督も大満足!『メアリと魔女の花』制作陣が語る4K Ultra HDの魅力とは?

2018年2月20日 11:56
 

米林監督も大満足!『メアリと魔女の花』制作陣が語る4K Ultra HDの魅力とは?


『メアリと魔女の花』
(C) 2017「メアリと魔女の花」製作委員会

昨年夏に大ヒットした『メアリと魔女の花』のブルーレイ&DVDがいよいよ3月20日にリリース。さらに、驚異の映像美の再現を可能にする「4K Ultra HD」とブルーレイをセットにした「コレクターズ・エディション:4K Ultra HD(数量限定)」も同日リリースされる。この発売に先駆け、4K Ultra HDの制作に携わったパナソニック次世代AVアライアンス担当の柏木吉一郎氏、本作の映像演出を手掛けた奥井敦氏、ポスプロコーディネートを担当した古城環氏の3名が、最新メディア4K Ultra HDについて語った。

・今夏大ヒットの米林宏昌監督作『メアリと魔女の花』がついにパッケージに!

本作はスタジオジブリを退社したプロデューサーの西村義明が新たに立ち上げたアニメーション制作会社「スタジオポノック」の第1回長編アニメーション映画。ジブリ作品の『思い出のマーニー』に続き、米林宏昌監督と2度目のタッグを組み、昨夏の劇場公開で子どもから大人まで幅広い世代に支持され、興行収入32.9億円という大ヒットを記録した。

一方、4K Ultra HDとは、解像度・輝度・色域の3要素が従来のブルーレイを遥かに超える新メディア。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.