くらし情報『ジェニファー・ローレンス、胸元パックリのセクシー衣装で観客を悩殺!』

ジェニファー・ローレンス、胸元パックリのセクシー衣装で観客を悩殺!

2018年2月21日 17:00
 

関連リンク

・『ハンガー・ゲーム』のアマンドラ・ステンバーグ、同性愛者であることをカミングアウト
・広瀬アリス&大野拓朗が夫婦役「やり取りにキュンとなって」<旅猫リポート>
・ダレノガレ明美「すっごいモテたい!」願い叶えるためRIZAPに挑戦! 
ジェニファー・ローレンス、胸元パックリのセクシー衣装で観客を悩殺!


ジェニファー・ローレンス

ジェニファー・ローレンスが若く魅惑的な肉体を武器に、映画史上最高に妖艶な女スパイを演じる『レッド・スパロー』のヨーロッパプレミアが現地時間2月19日にロンドンのレクスタースクエアで開催された。

・『レッド・スパロー』のヨーロッパプレミア、その他の写真

本作は、『ハンガー・ゲーム』シリーズで『2』と『FINAL』のメガホンをとったフランシス・ローレンス監督が、同シリーズでヒロインのカットニスを演じた ジェニファー・ローレンスと再びタッグを組んだ作品。元CIA工作員という異色の経歴を持つジェイソン・マシューズによる同名小説を映画化した。

会場にはジェニファー・ローレンス、フランシス・ローレンス監督をはじめ、ジョエル・エドガートン、マティアス・スーナールツ、ジェレミー・アイアンズ、セルゲイ・ポルーニンらが駆けつけた。相手を悩殺するセクシーさと巧みな心理操作を最大の武器に大国を手玉に取る罠を仕掛けるドミニカ役を演じたローレンスは、役どころに相応しく、背中と胸元が大きく開いたセクシー衣装で姿を現し、集まったファンの視線を釘付けにした。

演じた役柄についてローレンスは「彼女の人生はとても複雑なの。ボリショイのプリマバレリーナだったんだけど、ケガでキャリアが終わってしまうの。そして、母の面倒を見ることと国への忠誠心との間に挟まれて、伯父の手でとてもサディスティックなプログラムに送り込まれてしまう」と説明すると、「私はシリーズものの作品でない限りいつも新しい役に挑戦しているわ。外国語訛も初めてだし、今回演じた役は私が今まで演じたことのない役なのよ!」と続け、「女性の力を感じることができる、今、まさに必要とされている作品だと思うわ」と話していた。

『レッド・スパロー』は3月30日より全国公開となる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.