くらし情報『岡田将生主演で鉄拳のパラパラ漫画『家族のはなし』を実写映画化!』

岡田将生主演で鉄拳のパラパラ漫画『家族のはなし』を実写映画化!

2018年3月5日 16:29
 

関連リンク

・沢尻エリカ、犬童一心監督からの手紙に涙「自分の役者人生の中で大切な作品」
・EXILE TAKAHIRO、想像超え“本気パンチ”に本音<ウタモノガタリ>
・中村倫也、メールを無視した先輩俳優「Y」とは…!?「行列のできる法律相談所」
岡田将生主演で鉄拳のパラパラ漫画『家族のはなし』を実写映画化!


『家族のはなし』
(C)「家族のはなし」製作委員会

岡田将生主演で鉄拳のパラパラ漫画『家族のはなし』が実写映画化されることがわかった。

・『家族のはなし』、その他の場面写真

鉄拳パラパラ漫画『家族のはなし』は、2013年に信濃毎日新聞との企画として発表され、第17回「アジア太平洋広告祭」でフィルム部門・プレス部門をW受賞。涙が止まらないとネット上をはじめ各所で話題を集めた家族の大切さをストレートに表現した感動作だ。

本作は、リンゴ農園を営む両親とその息子との物語。ある挫折をきっかけに自分の進むべき道を失った主人公・小林拓也は、両親の元を離れて状況。東京で仕送りを受ける大学生活の傍らバンドに熱中し、プロを目指すようになる。さまざまな挫折を経て家族の温かさを再発見しながら成長していく主人公と、そんな彼をそっと支える両親との切なくも心温まるストーリーだ。

岡田が演じるのは、その主人公・小林拓也役。役作りのために髪の毛を金色に染め、バンドマン役でもあることからギター演奏にも初挑戦した。本作主演に岡田は「台本を読む前に鉄拳さんのパラパラ漫画を見させて頂いたのですが、とても素敵な話で映画になるならぜひ参加させて頂きたいと思いました。僕が演じるのはなかなか目が出ないバンドマンで、売れたいという気持ちで焦り、壁にぶつかっている役です。そんななか親の温かい気持ちを知り、改めて親の存在を考えます。とても温かい映画になったと思います。ぜひ楽しみにして頂けたら幸いです」とコメント。

一方、鉄拳は「家族のはなしは、パラパラ漫画作品の中で隠れた名作だと思っていたので映画化されることはとても嬉しいですし、主人公を岡田将生さんに演じて貰えると聞いた時に、僕の中で奇跡的に主人公に合っていたのでとても光栄で嬉しかったです。映画はたくさんの方に見てもらいたいですが、特に親元から離れ都会で挑戦している若い方にぜひ、見てもらいたいです」と述べている。

なお、本作では見どころの1つとして、鉄拳をアートディレクターに迎え、物語のキーポイントで今回の映画のために新たに描き下ろした鉄拳のパラパラ漫画と実写の映像を融合するという新しい試みも実施されている。鉄拳の温かみ溢れるタッチで描かれたパラパラ漫画と実写の映像のコラボレーションにも注目だ。『家族のはなし』は今年度中に公開予定となっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.