くらし情報『『ブラックパンサー』が洋画NO.1デビュー! 全米ではV3達成』

『ブラックパンサー』が洋画NO.1デビュー! 全米ではV3達成

2018年3月5日 19:34
 

関連リンク

・フェルメールの絵画から生まれた愛の物語『チューリップ・フィーバー』日本公開
・「ウォーキング・デッド」シーズン9にあのキャラクターがカムバック!?
・映画『止められるか、俺たちを』門脇麦・井浦新、青春の全てを映画に注いだ“若松プロ”を描く
『ブラックパンサー』が洋画NO.1デビュー! 全米ではV3達成


『ブラックパンサー』日本版オリジナルポスター
(C) Marvel Studios 2018

3月1日より全国356館631スクリーンで公開となった『ブラックパンサー』が、3月4日までの公開4日間で興行収入5億332万5600円、観客動員34万3150人と好スタートを切り、週末土日2日間の興行成績ランキングでも『映画ドラえもん のび太の宝島』に次ぐ第2位。洋画ではそれまで人気を集めていた『グレイテスト・ショーマン』を抑え興行成績ランキングNO.1を獲得したことがわかった。

・[動画]映画『ブラックパンサー』日本版本予告編

本作は「国王」と「ヒーロー」という2つの顔を持つ、マーベル史上最もクールでミステリアスな新ヒーローの活躍を描いたアクション・エンターテインメント。

全米では2月16日に公開され、歴代5番目という驚異的なオープニング週末興収を記録するロケットスタートを切っている。その後、2週目の週末に続き、3週目となる週末3日間(3月2日〜4日)も2位以下を大きく引き離す圧倒的な強さで、全米興収ランキングV3を達成している。

全米の累計興収もすでに5億ドル(約550億円/1ドル110円換算)を突破。興収5億ドルを突破するまでにかかった日数が17日と、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に次ぐ歴代3番目となるスピード。すでに全米歴代興収ランキングでも10位にランクインしたほか、全世界累計興収も9億ドル目前の約8憶9770万ドル(約987億円)に到達し、いよいよ“ブラックパンサー・フィーバー”が世界中に広がってきている。

【全米興収5憶ドル突破までにかかった日数、歴代最速ランキング】
■第1位:『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15年)公開10日目
■第2位:『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(17年)公開16日目
■第3位:『ブラックパンサー』(18年)公開17日目
■第3位:『ジュラシック・ワールド』(15年)公開17日目
■第5位:『アベンジャーズ(12年)公開23日目
(※Box Office Mojo調べ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.